So-net無料ブログ作成
検索選択
culture.png


毎年、堺 自由の泉大学で「レンジャー前田の写真講座」
今年も 8月6日(日)午前10〜12
大阪府堺市堺区宿院町東4-1-27  堺市立女性センター内 で開催します!
もちろん入場無料!!
お問い合わせは
堺 自由の泉大学事務局 川東 奈緒子
TEL 072-223-0399
FAX 072-223-1666 までね

「お爺ちゃんと俺の二人展」 第十二話 [お爺ちゃんと俺の今昔写真]

 

みなさん、こんにちは

 

ようやく温かくなってきましたね^^・・・って、まだ油断は出来ませんが

この間までの雪の予報が、今度は一変 花粉予報に変わっちゃってるし^^;

さて、

Rangerが、まだ小さい頃に天国に旅立った祖父が写していた戦前の写真たち

その場所を探し出し、70年の時空を超えて同じ位置に立ち写そう!と続けている

『お爺ちゃんと俺の二人展』 も、すっかり僕のライフワークの一つに!

まだ場所の判明が出来ない写真たち、その残るどれもが かなりの難易度

写真の中の建物などが現存して無かったり、場所を確定出来る目印も無い写真ばかり

今回の、この銅像の写真も やはりその一つ

<このシリーズ 初めての方はこちらから見てね!>

 

 

G’s-08.jpg
<祖父が撮った写真の実際の大きさって、実は携帯電話の半分ぐらいなんです>

 

 

無知な僕には 最初、インド辺りのモニュメントかなぁ~って^^;

象に乗った仏像で調べると、<普賢菩薩さま>であると分かったのが昨年暮れ

<普賢菩薩には、文殊菩薩と共に釈迦如来の脇侍として三尊形式をとる場合と、
単独で六牙の白象に蓮華座を乗せて坐し合掌する場合とがある>
 とある

そして、全国各地に幾つもあるお寺などに普賢菩薩さまを調べるが該当なし

 

気を取り直し、写真をよく見ると普賢菩薩さまを乗せた象は、さらに亀の上に!

しかも、亀に乗ってる普賢菩薩というのは かなり珍しいものと分かる

[象に乗る普賢菩薩・亀]で探すうち四天王寺境内に昔あったとたどり着く

そこには   <六時堂の東側にあった普賢菩薩銅像(昭和四年建立)。
                   この像も大東亜戦争時供出されました。>

同時に、すでにこの世には存在しないと言う事実さえも 判明してしまった・・・・・

 

 

RAN_99-21.jpg
<やはり同じ四天王寺境内に現存するが、別の普賢菩薩さま>

 

 

四天王寺の境内には、やはり昭和初期に作られた普賢菩薩がある

コチラの像は石で造られており、供出されず、戦火にも耐えて明暗を分けたんだ

 

今はもう無い 祖父の撮った像の痕跡を求め 何度か四天王寺にも足を運んだ

しかし、広い境内の中では、あった場所の検討もつかず・・

更に幾つかのキーワードをWEBで探した中、

戦前の四天王寺に就いて調べられている(蓮)さんという方のブログに出会えた。 ※1

 

 

 %E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B370005.jpg(蓮) さん所有の絵葉書より>

 

 

早速、蓮さんとコンタクトをとると、凄くご親切に、色んな資料を見せていただいた。

僕の欲しかった情報のすべてが蓮さんのお蔭で、一気に解決に向かい

すぐさま、四天王寺に足を運んだ。

 

 

名称未設定-2.jpg

 

 

rokujido.jpg
<蓮さん所有の絵はがきとRangerの撮った四天王寺六時堂の写真>

 

 

それは、六時堂の西に位置し、蓮さん所有の絵はがきの普賢菩薩の背景に

写っている屋根らしきものが六時堂のやねの一部ではないかと思い、

それをものさしに、お爺ちゃんが立って写してた場所を探し出そうと行動した。

 

 

 

f121.jpg
蓮さん所有の絵葉書と、同じ場所を撮ってみた>
 

 

 

資料には、<総高三十六尺余なり>とあり 11メートル程もある高さの銅像だった

昭和4年に建てられたとあり、太平洋戦争までなら10数年程しか見れなかったんだ

 

そして、お爺ちゃんの写真と見比べながら、今は何もない空を見上げる。

そして、おじいちゃんが立ち写したであろう場所を探した。

 

 

G&K.jpg
<お爺ちゃんが見上げて撮ったのは、こんな感じなのかなぁ・・・>

 

 

「お爺ちゃんと俺の二人展」は、僕がお爺ちゃんと まったく同じ位置に立って、

同じ角度で写せば、70年の時空を超えて一緒に撮ってるやん!って思えること

でも、今回はものさしにするものが無いので、まったく同じかどうか・・・

 

聖徳太子が興した1400年余りの歴史、仏法最初の大寺と言われる四天王寺で

そんな歴史ある境内の中、こんな立派な銅像を、戦争の為に金属供出され

この銅像も武器に姿を変え、争いの道具として使われたのかと・・・・・・

そんなん思うと、 なんか 悲しいよなぁ

 

でもな

俺が、お爺ちゃんの残してくれた写真を追いかけてる使命って何やろ

そう いつも思っててな

 

平和ボケした俺たちに、戦争という悲惨と愚かさを伝えるために とか

近代化という名目で、歴史ある建物を壊し、新しいビルに建て替わっていく事実

こうして、俺が少しでも今と昔を対比させて blogで、みんなに伝えていく

それが、俺の使命なんかなぁ ・・・  なんて

 

そんなこと考えてたらさ、

心の中のお爺ちゃんが、うなずいて微笑んだ気がしたよ。

 

 

・・・・・・・・ まだまだ、お爺ちゃんの残してくれた写真の場所探します。 ・・・・・・・・

 

※1 文中のさんは、戦前の四天王寺 聖霊院にあった『猫の門』の眠り猫の彫り物(やはり共に戦争で消失)の写真を探しておられます。その猫は左甚五郎の作で日光東照宮の「眠り猫」と一対になっていたそうです。是非、当時の資料をお持ちの方は、ご連絡ください。!m( _ _ )m

 

 


 

さて、^^ 前回のモデルケースマフラータオルの抽選発表です!

今回、惜しくも当選されなかった皆さん、m( _ _ )m

抽選君には、厳しく叱っておきました。^^

 

今回のクイズの正解は【 合言葉は? 】:タオルピース
【 (?)のなかに入る数字は? 】:7

めっちゃ難しい問題やのに、殆どの方が正解  ソネブロ、ソネブロOBが43名

 他ブログや一般の方25名の方たちから、今回のラッキーな人たちは

バンブーさん(so-net) ikukoさん(so-net) 林田さん(〒431-3642) 

いっちゃんさん(so-net) Debyonさん(ex.blog) ★まっと★さん(so-net) 

PEN太さん(ame-blo)**NAO**さん(so-net)うにさん(so-net)chakoさん(so-net)

来週前半発送しますね

また、スポンサーさん募って、プレゼント企画をしますのでお楽しみに!

 

by レンジャー前田


nice!(158)  コメント(80)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

nice! 158

コメント 80

お茶屋

おじいさまの残されたお写真を辿ること・・・
まさに使命なのかもしれないですね☆
いつも本当に楽しみに拝見させて頂いております♪
by お茶屋 (2010-02-27 10:25) 

こうちゃん

このシリーズ、自分を見つめなおすには
素晴しい、企画ですよね。
by こうちゃん (2010-02-27 11:06) 

ぶんじん

ライフワークですか、いいですねぇ。ぜひとも続けてくださいませ。
といいつつ、やっぱり時の流れや戦争などの混乱があると難しいものがあるんですなぁ。でも、同じ場所に立ってレンズを向ければ、現代の青空に普賢菩薩の影が見えてくる・・・かも知れませんね。
by ぶんじん (2010-02-27 12:03) 

skullmania

ライフワークの一つになってますね。
これからも楽しみにしています。
by skullmania (2010-02-27 12:41) 

batta

もしこの像が残っていたら…
全体をじっくりと眺めてみたかったです。
なんだか切ないですね。




by batta (2010-02-27 12:43) 

emuzu

うわッ、、、残念、、、ハズレた
亀さん重たそうですね
>主砲の事をでんでん虫というのですか?^^;
by emuzu (2010-02-27 13:09) 

ぽりぽり

象に乗った観音様珍しいですねぇ。 現存していたら、名所になっていたことでしょう。。 上野のやまにも大仏があったそうで、戦争の供出で胴体が無くなってしまったようです。悲しい出来事ですね。
by ぽりぽり (2010-02-27 14:06) 

sky

いつもながらすばらしい企画ですね。
いつまでも続けて欲しいと思います。
by sky (2010-02-27 14:15) 

吉之輔

こんにちは、頑張って下さいね、ライフワークですから。
あの戦争で無くなった史跡や、優れた建造物は壊され、風景も様変わり、
『お爺ちゃんと俺の二人展』も大変な事でしょうが、完成を期待しています。
ご訪問&コメント感謝です。此からも宜しくお付き合い下さいよ。
by 吉之輔 (2010-02-27 14:31) 

YAMAHANA

こんなものまで、よく探されましたねぇ
恐るべし、レンジャーさんの根性(笑)
しかし、本当に、このシリーズは、毎回毎回感動させてもらいます。

タオルは、今回も、残念ながら当たりませんでした
by YAMAHANA (2010-02-27 15:25) 

たいっちゃん

普賢菩薩は、お釈迦様にお使いしている仏さま。
四天王寺で10年ぐらいしかないのなら、資料も殆ど無かったでしょうに。
読ませてもらってるうちに涙が込み上げて来ました。
こうして、この資料も殆ど出回ってないようなところからめぐり合うということは、亡くなられたお祖父様の、お導きなんでしょう。
是非、これからも、まだまだ困難な道ですが、私達に感動を与えてください。

by たいっちゃん (2010-02-27 16:06) 

テリー

よく、ここまで、たどり着きましたね。像が、無くなってしまうとたどるのが、大変だったでしょうね。
ブログを読む方は、劇的な結果で、楽しませて戴きました。
象の上に普賢菩薩が乗っているのは、多分、仏教がインドから来て、高貴な菩薩様は、象の上に乗っているのかなと想像しますが、更に、亀に乗っているのは、どういう意味なんでしょうね?教えて戴ければ、幸いです。

by テリー (2010-02-27 16:16) 

イチロー

お爺ちゃんはその時代の今を記録し、Rangerさんは今の時代で
伝えるために撮る運命なんでしょうね^^;

 これからも多くを伝えてください。

by イチロー (2010-02-27 16:33) 

Ranger

テリーさん、
四天王寺の六時堂の正面には、日本三大舞台の石舞台があり
その両脇にある池に、亀が沢山います。
それで、その池を亀池と、呼ばれています。
だから、亀なのかなぁ、と今回お世話になった蓮さんに訪ねたところ
もっと深い意味があり、

>亀の上というのは、インドの宇宙観からきていると思います。
>古代インドでは、須弥山説(ヘビの上にカメが乗り、その上にゾウが乗って、
>その上に人間の住む世界
>があるという世界観)が唱えられていたそうです。

と、教えて頂きました。
何でも、調べると奥が深いんですよね^^

by Ranger (2010-02-27 16:34) 

キクチユーコ

レンジャーさん^^すごぉ~い ♪
今回も、おじい様の写した場所が大当たりですねぇ^0^
やはり、レンジャーさんには、おじい様がいつも見守られてるんでしょうね♪

私のタオルは大当たりじゃなかったぁウァーン・゚・(ノД`)ヽ
今度も、やってくださいねっ(^^ )
by キクチユーコ (2010-02-27 16:43) 

めぎ

昔の写真は小さいですものね。それにしても携帯電話より小さいんですか~
Rangerさんのご苦労が偲ばれます。
by めぎ (2010-02-27 17:07) 

mamii

お爺ちゃんと一緒のライフワークいいですね。
by mamii (2010-02-27 17:22) 

whitered

もう十二話まで来ましたか。すごいです。だんだん、難しい写真に取り組まないといけませんね。でも、それだけおじいさんとの心の距離がちぢまっているということですね。最近、夕陽丘の絵地図を手に入れました。あの辺りは歴史の宝庫ですね。また、四天王寺あたりまで足を伸ばしてみたいです。
by whitered (2010-02-27 17:43) 

vespa

あちゃ~==3 タオル外れたっす。。。。

でも、たいちょーの話で感動してしもたし、まぁいいっか状態(=^・^=) ....
にしても、ほんとに良く探しはりましたねぇ
蓮さんは、たいちょーのお爺ちゃんがつれてきた使者違いますか(^^;)¥
by vespa (2010-02-27 18:56) 

SerowGOGOGO

時空を超えるのは大変な指名ですよね(^^;
またハズレ・・・そう何回もあたりませんね(--;
by SerowGOGOGO (2010-02-27 18:58) 

メガネ君

もう無くなってしまっている物もあるわけですね。これはかなり
難しいですね。でもその痕跡をしっかり見つけているRangerさんに
nice!です。
しかし、こうなってくると、お祖父様の残した写真は大阪界隈の
資料としても価値が出てきますね。
by メガネ君 (2010-02-27 19:16) 

匁

素敵な写真記録ですね。
四天王寺は大阪に住んでいたころは
そんなに興味もなく連れて行かれて見たので覚えていません。
今度 一度行ってみたいです。
by (2010-02-27 19:45) 

高穂

二人展だー*

象の像リアルー
キリンやトラとかも想像で描かれた物が多いけど.
この象はかなりリアルですね*
文化財系の建物なんかも拠出供出され,無くなった金属製の飾りを
再現する動きとか有るそうだし,
何より観た事の無い者も当時に思いを馳せられるし
記録が残されている事って重要ですよね=3

ってタオル外れたー;;次回も応募しまっす==3
講演も関東でもしてっ
by 高穂 (2010-02-27 20:13) 

emi

レンジャーさん、こんばんは (o^ー^o)
私は、このシリーズをテレビで見てからの訪問です。
もう12回目なんですね
今回も、同じ場所に立てなかったといわれてますが、此処までたどり着く事自体が凄いことですよぉ普通なら、絶対に調べようとしないと思います。
これもレンジャーさんの情熱と、おじい様が天国から、上手く行くように導いてくださってるからでしょうね。
これからも、お体に気を付けられて続けてください。
講演、こっそり行こうかな (o^ー^o)
by emi (2010-02-27 20:18) 

みどれんじゃー

武器に姿を変えるために取り壊されたなんて、悲しいお話です。
でもそういう現実を次世代に伝えていくって、大切なことですね。
携帯電話の半分って、画面の半分ですか?
調べる作業も大変そうですが、これは絶対隊長さんの使命だとおもいますので、
引き続き頑張ってくださいね。大いに期待しちゃっております^^
by みどれんじゃー (2010-02-27 20:27) 

つぐみ

時代の流れ、すべてが残っているわけではないですもんね。
四天王寺については詳しく調べておられたのですね。
以前私のブログのコメントに専門的なことを書かれておられたのでびっくりしてました。
なるほど、と納得しました。
by つぐみ (2010-02-27 20:58) 

hrd

戦争ってホント愚かですよね!
残すものは傷跡だけで利益を被るのは一部のものだけ!!
Rangerさんの一途な思いは70年の時空を超えていますね~
by hrd (2010-02-27 21:16) 

カオリン

お寺の銅像さえも武器に変えられてしまうという恐ろしい時代だったというのがよく分かりました。
戦争を知っている方々もどんどん少なくなっている今、こういう事実があったということを後世まで知らせていかないといけませんね。
by カオリン (2010-02-27 21:38) 

**NAO**

おじいさまの写真の企画素敵です。
前にさかのぼって全部見せて頂いたんですがすごく感動しました。
おじいさん、空の上からすごく喜んではりそうですね~^^

こんな素敵な像が戦争のせいで・・・
おじいさまの写真を通して70年の歴史を知れる。
ありがとうございますっ


そしてそして!
当たってる~!!!!!!
「うわぁ!」って叫んじゃいました(*´艸`*)
ありがとうございまーす!
楽しみに待ってます!
by **NAO** (2010-02-27 21:51) 

夕日

私には孫がいます。
その孫たちが将来、私が過ごした神戸などを辿ってくれることがあったら、あの世から絶対に出てきて合図を送ろうと思います。
ちなみに94歳の母は、亡くなった父と時々コンタクトが取れます。
あの世に近づいてるのだろうと思います。

by 夕日 (2010-02-27 22:30) 

ulyssenardin36000

こんばんは。
Rangerサンをみならって
私も「父」が撮影した写真を漁ってきました。
昔のCanonで何故かNIKONのレンズが付いて
F1.4なんですよ(ライカ型のものですが)
撮影地は羽田空港のようです。
しかし、女性が写っているのですが、
こんなのは僕には無理かなぁ~~~って
でも、
by ulyssenardin36000 (2010-02-27 23:01) 

ulyssenardin36000

Rangerさんをみならって
いつかは挑戦です^^
by ulyssenardin36000 (2010-02-27 23:03) 

えがみ

残された写真を見ると、もう何が何だか分からないです。
私ならとうに諦めてしまいそうです。

by えがみ (2010-02-27 23:44) 

DEBDYLAN

こんばんは。

このシリーズ初めて拝見したんで、
過去の記事にもお邪魔してきました^^。

素敵な企画ですね!!
感動しちゃいました。

by DEBDYLAN (2010-02-27 23:53) 

yuuri

今はもう無い景色とお祖父様の想いを追いかけて
その場所に立つ、そして記録する。
この企画って本当に素敵ですね。
いつかまた数十年後、 Rangerさんの子孫の誰かが同じスタンスに立った時
そこに見える景色が平和な色に満たされている事を願います^^
by yuuri (2010-02-28 00:32) 

inspirit

調べていくと必ず手がかりはあるものなんですね。
おじいさまは何を物語っているんでしょうか?
それが判るまで是非続けてくださいね。

by inspirit (2010-02-28 00:46) 

tooshiba

戦後、復元されなかったのは惜しまれます。
Rangerさんが近い将来に大金持ちになられた暁には、普賢菩薩ですか、の像の復元費用を寄進なさってはいかがでしょう?

マフラー当選された方、おめでとうございました。(^^)v
by tooshiba (2010-02-28 01:18) 

ジョルノ飛曹長

目的の像は無くなっていたけど、良いお話です。
戦争を語る時、一般的にはすぐに広島や長崎の話が出てきますが、こういったなんでも無い場所でのエピソードも沢山残っているんですよねー。

by ジョルノ飛曹長 (2010-02-28 01:21) 

きゅんぱち

>お爺ちゃんの残してくれた写真を追いかけてる使命って何やろ…

このきもち、よくわかります。
画でパッとみて感動を覚え、そしてまた時空を超えてお爺ちゃんの立っていた地点から広がる風景とそこでかんじたであろう気持ちを共有できる…。
感動と共有につながる、記憶をたどる状況証拠の積み重ね。
隊長の真摯な姿勢が頼もしいです♪

>心の中のお爺ちゃんが、うなずいて微笑んだ気がしたよ。…

有無を言わさず、感涙です。
by きゅんぱち (2010-02-28 03:06) 

AUeno

お爺さんさんとのタイムトラベルの座席に隣合せで座ってた人と何かのきっかけで会話が弾んだって感じですね。
どんどん広がると楽しいでしょうね。
by AUeno (2010-02-28 07:49) 

みけ

今回も大変だったようですが無事にたどりつけてよかったです。
でもでも、、、銅像が戦争のためになくなってしまってるなんて、、、。
これからの日本もそして世界中の国々の平和を希望してます。
by みけ (2010-02-28 09:06) 

エイト

えはがきよりも、おじいさんの写真の方が構図が生きています。
やっぱり、レンジャーさんのおじいさんです。

by エイト (2010-02-28 10:55) 

jo-chan

インド辺りのモニュメント って… 
僕もそう思いました。
今回も沢山の時を越えた共有できましたね!
by jo-chan (2010-02-28 13:13) 

U3

時代の荒波に飲まれた被写体もあったのですね。
by U3 (2010-02-28 15:30) 

ハイマン

なるほど!
歴史の勉強にもなりますね!
by ハイマン (2010-02-28 17:25) 

八犬伝

待ってましたぁ
このシリーズ大好きです。

そうですね
おじいちゃん、喜んでいることでしょうね。
by 八犬伝 (2010-02-28 18:04) 

みかっち

見たかったですねぇ.....同じ像を.....
色んな事を改めて考えさせられて、Rangerさまの使命の伝え方も、
もっと変化していかなくてはいけないのかも?
あ゛ぁ......
疲れてて来れないまま応募も間に合わなくてショック......

堺女性大学の講座、
去年のお知らせでも行きたいと思ったので、
直接大学のフォームへ問い合わせたのに、返事ももらえませんでした。

by みかっち (2010-02-28 18:08) 

Azumino_Kaku

そうですか。。
こんな仏様まで供出しなきゃいけない戦争の愚かしさ。。

昔の小さく、不鮮明な写真から場所をたどっていくのは大変ですよね。
でも、シリーズ楽しみにしておりますよ(^_^)


by Azumino_Kaku (2010-02-28 18:54) 

maho

戦争にありがたい像をつかってしまうなんて、悲しいですね...
でも、70年の時を越えて、おじいさまと同じ場所に立ってみるっていうのが
なんというか...スケールの大きな、壮大な印象を受けました!

浪漫だぁ...

by maho (2010-02-28 22:32) 

にんじん

今回の展開もものすごいことに
もうこの企画のファンになりそうです(笑)
by にんじん (2010-02-28 22:34) 

sera

よく調べましたね!
おじいちゃんはきっと、喜んでいますね♪
四天王寺はいつか、行きたいお寺の一つです。
by sera (2010-02-28 23:03) 

chako

あれ…当たってない…と思ってたら、最後に名前発見!
でも、chakoさんって何人かいらっしゃるみたいだし、
私じゃないかも…ドキドキ
あれ、もし当たってたら、住所とかのお知らせどうするのかな?…なんてワクワク

大阪に住んでいた頃、四天王寺へは時々行きましたよ。
おじいちゃんが撮影された象は迫力ありますね!

by chako (2010-02-28 23:17) 

くりっぴ

10数年程って・・・その場所を見つけられたことも奇跡ですね。
ちょっとインド風の銅像で、すてきですねえ。
大乗仏教かな?

小さい写真ってわかるわあ。
幼い母が写ってる写真ってそうだもの。(w


by くりっぴ (2010-02-28 23:28) 

Pace

少しずつ”その場所”に近づいていかれる様子、いつもドキドキします!!

かなり珍しいと言われる像でさえも、戦争の犠牲になってしまったことには
残念な思いでいっぱいです。失ってしまったものは取り戻せないですが、
これから先はこのようなことのないようにしていきたいですよね。
Rangerさんの記事を拝見して、とても考えさせられました。
by Pace (2010-03-01 00:19) 

penny

>お爺ちゃんの残してくれた写真を追いかけてる使命って何やろ

もしかすると、それを見つける為に、追いかけているのかもしれませんよ。
by penny (2010-03-01 00:44) 

キャシー

お疲れ様でした♪
銅像は残念でしたが…また一つクリアできて良かったですね♪
次回も楽しみにしています♪
by キャシー (2010-03-01 10:10) 

tomotomo

頑張りましたね~!!
蓮)さんとの出会いも、もしかして
おじいちゃまの仕業ではなんて思ってしまいます♪
11メートルもある銅像を跡形もなく
無くしてしまう戦争とは、恐ろしくて
二度と繰り返してはいけない事と改めて思いました。
by tomotomo (2010-03-01 11:12) 

ひろきん

まだまだ爺ちゃんからの宿題はたくさんありそうですね!
Rangerさんの旅は続きそうですな^^
by ひろきん (2010-03-01 11:51) 

ku-chan

 相変わらず “執念” を感じるです。
 この企画は、テレビで特番組んでも受けると思います~。
by ku-chan (2010-03-01 11:53) 

ikuko

わ!タオルピースが当たってた〜♪♪
うれしいです(≧▽≦)
ありがとうございます!!!
あ、でも、違うikukoさんだったりして!?
by ikuko (2010-03-01 12:58) 

ciscokid

「お爺ちゃんと俺の二人展」は男のロマンを感じます。
1枚の写真を頼りに同じ場所に立つ事は
お爺ちゃんの足跡をたどるだけではなく、彼の考え方や
彼との会話を時空を超えて繋げてくれるような気がします。
by ciscokid (2010-03-01 14:10) 

kotesumo

亀さん&象さんに乗ってる普賢菩薩像、現存してなくて残念でしたねぇ。
当時、お爺ちゃんも珍しい象を見上げて「孫にも見せてあげねば。。。」な~んて
思いで写真を撮られたのかもしれないですね!同じ場所が見つかってよかったですね。
明日のデジカメ講演、がんばってくださいねぇ^^
by kotesumo (2010-03-01 16:53) 

@かおちょ♪

なんかね、隊長の記事読んでたら胸がつまって何も思いつかなくなっちゃった・・・
なんでだろう?このキモチ・・・


by @かおちょ♪ (2010-03-01 19:11) 

うに

おじいさまと繋がるだけじゃなくて
出会いも生まれて… 素敵です!
あっ。。 当たった~ 嬉しい (^^)
今年は、運がいいみたいなんです♪ 嬉しいなぁ☆
by うに (2010-03-01 22:34) 

u-k

おじいちゃんのお土産は人生を豊かにしてくれますねえ。
by u-k (2010-03-02 09:37) 

飛狼

ついに海外編へ突入かと思ってしまいました。
像が残っていないのは、残念ですね。
おじいさまが撮られたままに残っているほうが少ないでしょうけど、
これからも、今回のようにきっと出会えることと思います。応援してま~す^^


by 飛狼 (2010-03-02 16:01) 

いっちゃん

この写真から場所を特定できるなんて・・・すごい♪
おじいちゃんが導いてくれたのかな?素晴らしです!今はなくなってしまっても、おじいちゃんの写真ではきっちり残ってますもんね!すごいです!

マフラータオル♪当たった♡→ܫ←♡わーーーいぃ!!抽選くん、ありがとう♪
いえいえ、Rangerさんありがとうです♪
by いっちゃん (2010-03-02 21:46) 

Lupin

あ~残念!当たらなかった~
次回、抽選くんにお願いしよう!

この企画はいつも素晴らしいと思います^^
ほんとよく見つけることができますね。
by Lupin (2010-03-02 21:58) 

雅

訪問遅くなりました。
このシリーズ大好きなんですが、隊長のライフワークだけではなく、昭和の歴史再確認する事業として後世に残すことを考えてはいかがでしょう?
なんかテレビのドキュメンタリーにして、そのあと一冊の本として出版できそうですよね。
by (2010-03-02 23:00) 

カエル

Rangerさんの使命はRangerさんのみぞ知る。
命を使う訳ですからね。
それに応援している私たちが居る。

by カエル (2010-03-02 23:15) 

gyaro

>インド辺りのモニュメント
そう見えてしまうのもわかる気がしました^^
捜し求めていく過程にいろんなドラマがあるものですね!
出会いもまた運命なのでしょうね☆
by gyaro (2010-03-03 05:13) 

★まっと★

いやぁ~~感動的だなぁ~~★
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
自分も50年以上前に両親が九州から出てきたばかりの頃の植物園での父が撮影した母の写真と同じ場所に出かけてきました。なぜかペリカンの像の横で母が写っていたのですが、同じ像がまだ植物園にありました。なんだかとってもうれしかったぁ~~★
お爺様のお写真を追いかけられるRangerさん、めっちゃかっこいいですし、やはり使命って思われる意味合い、なんとなく理解が出来ちゃいます。そして、我々は応援させていただきながら、とてつもなく楽しい感動をいただいています。
色々なことが解決していくその行程も含めて全てが大切な大切な運命と家族の絆なのでしょうね。
本当に素晴らしいと思いました。

さて、今回あたったぁ~~★とってもうれしいのであります。
ありがとうございます。
楽しみにしています。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))ニコッ♪
by ★まっと★ (2010-03-03 14:50) 

蓮

すごくたくさんの方がRangerさんを応援されているのですね。
コメントと、nice!の数にびっくりです。
よくまぁ、ネットの中の秘境のような私のブログに辿り着かれたこと!
これからもたくさんの人との出会いがあり、縁が広がりますように。
そうすれば、自然と導かれますよ^^
by (2010-03-03 20:54) 

Ranger


みなさん、こんにちは
いつも温かいコメントありがとうございます。




>Rangerさんが近い将来に大金持ちになられた暁には、普賢菩薩ですか、
 の像の復元費用を寄進なさってはいかがでしょう?
 by tooshiba さん

これはねぇ ほんとにそう思ってたとこで、お爺ちゃんの足跡探しが
ある程度まとまったら、本にして、普賢菩薩を四天王寺に立てたいです。



>えはがきよりも、おじいさんの写真の方が構図が生きています。
 by エイト さん

ホント、僕も思います。
お爺ちゃんの写真は ただ単にパースペクティブというよりも、
遠・中・近を入れてて凄い遠近感があるんですよね



>まだまだ爺ちゃんからの宿題はたくさんありそうですね!
 Rangerさんの旅は続きそうですな^^
 by ひろきんさん

ハイ! まだまだ、けっこう難題が残ってます^^;



>歴史の勉強にもなりますね!
 by ハイマン さん

ホントにねぇ、以前は、まったく持って歴史には興味が無かったんですが
今は大阪の歴史とか凄い詳しくなりましたよ(断片的にね^^)




>この企画は、テレビで特番組んでも受けると思います~。
 by ku-chan さん
>なんかテレビのドキュメンタリーにして、
 そのあと一冊の本として出版できそうですよね。
 by 雅 さん.


テレビや新聞など、ローカルやけど流れましたよ^^
でもね、まだ途中ですからね

もう、すっかりライフワークなんですが、
これもみんなの温かい応援があればこそ続けられてきた事
今も、大阪中ノ島辺りで、もう少しで判明のところがあります。お楽しみに^^
by Ranger (2010-03-04 11:01) 

RAC

これだけ移り変わりの激しい世の中ですから、同じ場所が見つかるだけでも奇跡ですよね。もう失われて存在しない場所・構造物のほうが多いのではないでしょうか。
そんな中でも執念で見つけてこられる・・・敬服します。
by RAC (2010-03-05 00:56) 

ロボッコ

ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ Ranちゃん♪おひさしぶりなのだー
わぁー!!このシリーズ特にロボファンなのだー
すごいな~時を越えて・・いつも感動ありがとー♪

by ロボッコ (2010-03-05 17:33) 

ぱせりん

本当に「インドだ!」と言っても
おかしくないような像が日本にもあったのですね。
それにしても戦争のために使われてしまうなんて…。
他にもたくさんの残しておきたかったものが
戦争によって壊されてしまったのだと思うととても残念です。

by ぱせりん (2010-03-05 18:32) 

rinco

お久しぶりです。ほんとこのシリーズは感慨深いですね。
仏像が武器に使われるなんて…ぞっとします…。
そんな時代が二度と来ないように…。
そしてこのシリーズのおかげでそれをしれた事を感謝ですね。
最近私がさぼりがちで遅れてしまいますが、楽しみにしていますので〜♪

by rinco (2010-03-05 23:30) 

cloud9

本当にこの企画、素敵だなぁ〜と毎回思います♪
by cloud9 (2010-03-06 08:49) 

駅員3

昔と今を比較する…最近私のblogでも昔の写真を掘り出してきてやっています。
Rangerさんとお祖父さんのコラボには、ロマンを感じます[ぴかぴか(新しい)]
昔を振り返るのは、これから私達の進む未来を方向づけるために必要なのですね[ひらめき]
この世で、評価、反省し、それを未来に活かすことの出来る生き物は人間だけです。
お祖父さんの語りかけてくる詩と、Rangerさんの語りかけてくる詩の二重奏が、多くの人に感動を与え、これから進む道を示唆してくれる事でしょう[ひらめき]
by 駅員3 (2010-03-06 18:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2